余裕がある時は繰り上げ返済しよう

学生ローンを利用する方は、収入が安定している社会人と違い、授業やサークル活動を行っている学生ですので、あまり多い返済金額を設定してしまうと、どうしても返済が大変になってしまい生活が貧窮してしまいます。その為、学生ローンを利用する方は、すこし余裕を持って毎月の返済金額を設定しております。

しかし、学生ローンは利息が15パーセントから18パーセントと、一般的な大手銀行系の利息よりも高くなっておりますのであまり余裕を持った返済金額に設定してしまうと、返済回数が増えてしまい、結果的にトータルで支払う金額がかなり増えてしまいます。その為、学生ローンでトータルの支払金額を減らすためには、なるべく早い段階で返済を終える必要があります

返済を少しでも早く終わらすためには繰り上げ返済が有効です。学生ローンの場合には、前倒しで返済すると利息が減りますのでその時は辛くても、徐々に毎月の支払い金額は減っていきます。夏休みや冬休みなど学校の無い長期休暇の時期にまとまってアルバイトを行って、前倒しで返済する事で、余裕を持って繰上げ返済する事ができます。しっかりとした返済計画を立てて、返済する事でより生活を楽にする事ができますので、ぜひチャレンジしてください。

余裕がある時は繰り上げ返済しよう

銀行振り込みが多い

学生ローン返済の仕方は、各会社によって異なりますので事前にしっかりと確認しておく事が必要になります。最もスタンダードな返済方法としては、指定された銀行口座への振込みとなっています。また現金書留なども利用する事ができる学生ローン会社が増えてきました。

融資を受ける時には、毎月の支払日を指定します。毎月のアルバイトの御給料日などに合わせて設定される方が多いと思います。基本的に決められた毎月の支払日よりも前に振込みます。学生ローン会社の中には、決められた支払日から一週間までは延滞利息を取らない所もありますので、返済が遅れそうな時には事前に確認しておくようにしてください。また、仮に延滞してしまった時の延滞利息も事前に確認しておかないとトラブルの原因になりますのでしっかりと確認しておいてください。

また、残っている残高を一括で返済したい場合には、トータル金額が利息などの影響でかわってきてしまいますので返済前にしっかりと確認してからお振込みください。このように銀行振り込みだからこそのメリットと確認要項がありますが、複数回の支払いの場合には、何度も振込する必要がありますので、お金を借りる前に、今回ご紹介した内容はしっかりと確認してください。

銀行振り込みが多い

学生ローンの返済のポイント

学生ローンは、一般的な銀行よりも借りる事ができる金額は少ないかも知れませんが、それでも学生さんからして見ればかなりの大金を借りる事ができます。
学生さんですので、学費や教科書代、サークル活動のお金など必要な金額は沢山あると思いますが、借りる方法を探すのでしたら、かならず返済方法までしっかりと頭に入れておく必要があります。

学生ローンは、基本的には一社からしか融資を受けない事がポイントになります。複数の学生ローン会社から融資を受けてしまいますと、返済が難しくなってしまい自己破産まで視野に入れなければいけません。もちろん返済の見込みがあり、しっかりと計画的に返済する事ができるのなら複数の学生ローン会社から融資を受ける事も可能です。しかし、その際は自分の借入や収入などしっかりと現状を把握した上で行うようにしてください。

また複数の学生ローン会社からお金を借りていて、返済しきれなくなってしまった場合には、複数の学生ローン会社の借金をまとめて一つの会社に返済するようになるおまとめローンがおすすめです。月になん共返済期日があるのは、精神的にもかなり大きなストレスとなっておりますのでおまとめローンはかなりおすすめです。

他にも学生向けのカードローンには、利用する前にはしっかりと知っておいて欲しい内容が沢山あります。そこでこちらでは、学生ローンは銀行振り込みが多い事や余裕がある時は繰り上げ返済するメリットなどをご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

学生ローンの返済のポイント