余裕がある時は繰り上げ返済しよう

学生ローンを利用する方は、収入が安定している社会人と違い、授業やサークル活動を行っている学生ですので、あまり多い返済金額を設定してしまうと、どうしても返済が大変になってしまい生活が貧窮してしまいます。その為、学生ローンを利用する方は、すこし余裕を持って毎月の返済金額を設定しております。

お金しかし、学生ローンは利息が15パーセントから18パーセントと、一般的な大手銀行系の利息よりも高くなっておりますのであまり余裕を持った返済金額に設定してしまうと、返済回数が増えてしまい、結果的にトータルで支払う金額がかなり増えてしまいます。その為、学生ローンでトータルの支払金額を減らすためには、なるべく早い段階で返済を終える必要があります

返済を少しでも早く終わらすためには繰り上げ返済が有効です。学生ローンの場合には、前倒しで返済すると利息が減りますのでその時は辛くても、徐々に毎月の支払い金額は減っていきます。夏休みや冬休みなど学校の無い長期休暇の時期にまとまってアルバイトを行って、前倒しで返済する事で、余裕を持って繰上げ返済する事ができます。しっかりとした返済計画を立てて、返済する事でより生活を楽にする事ができますので、ぜひチャレンジしてください。

利息の過払いが発生する理由

過払いとは消費者金融へ多くお金を支払いすぎている状態のことを指します。過払いが発生する条件は、金融業者との取引期間が5年から7年と長期であること、借り入れの金額がある程度まとまった額であることです。

この過払い金はどうして発生するのかといいますと、金融業者がお金を貸すときに適用される法律、利息制限法と出資法というふたつの法律に矛盾点があるからなのです。利息制限法では借金が10万円以下であれば20パーセントを上限とした利息、100万円以下なら18パーセント上限、100万円以上なら15パーセントが上限とされています

しかし出資法での利息は貸した金額がいくらだったとしても、約29パーセントまでを上限と定めています。金融業者は後者の出資法は守っていても、利息制限法には違反していることが多いのです。そこで、利息制限法を用いてあらためて計算することで、本来払わなくてもよかった利息を取り戻す過払い請求ができるのです。

銀行振り込みが多い

学生ローン返済の仕方は、各会社によって異なりますので事前にしっかりと確認しておく事が必要になります。最もスタンダードな返済方法としては、指定された銀行口座への振込みとなっています。また現金書留なども利用する事ができる学生ローン会社が増えてきました。

銀行融資を受ける時には、毎月の支払日を指定します。毎月のアルバイトの御給料日などに合わせて設定される方が多いと思います。基本的に決められた毎月の支払日よりも前に振込みます。学生ローン会社の中には、決められた支払日から一週間までは延滞利息を取らない所もありますので、返済が遅れそうな時には事前に確認しておくようにしてください。また、仮に延滞してしまった時の延滞利息も事前に確認しておかないとトラブルの原因になりますのでしっかりと確認しておいてください。

また、残っている残高を一括で返済したい場合には、トータル金額が利息などの影響でかわってきてしまいますので返済前にしっかりと確認してからお振込みください。このように銀行振り込みだからこそのメリットと確認要項がありますが、複数回の支払いの場合には、何度も振込する必要がありますので、お金を借りる前に、今回ご紹介した内容はしっかりと確認してください。

即日払いのメリットとデメリットを理解しよう

「今すぐにお金がほしいのに!」という時は誰しもあります。そういう時に即日払いのアルバイトなどは便利なものに見えます。実際、仕事が終わればその場(もしくは銀行振込)で現金が手に入るのですから、これほどいいことはありません。学生さんやフリーターなど、時間が開いた時にちょっとできてすぐお金がもらえるこういうバイトは人気がとても高いです。

ただし、即日払いが必ずしもいいことばかりではありません。銀行振込タイプですとその都度発生する振込手数料は会社持ちではなく労働者持ちというケースがあります。1回の手数料の金額は少なくても、それが毎日と考えるとバカにならない金額となります。

また、即日払いと月締め払いでは時給が異なる場合があります。大抵月締め払いのほうがわずかながら時給が高いことが多いです。トータルで見ると同じ仕事を定期的に行うのならば月締め払いのほうがたくさんのお金がもらえます。このように、メリットとデメリットを知った上で給料をもらうようにするのが賢い労働者と言えます。

学生ローンの返済のポイント

学生ローンは、一般的な銀行よりも借りる事ができる金額は少ないかも知れませんが、それでも学生さんからして見ればかなりの大金を借りる事ができます。
学生さんですので、学費や教科書代、サークル活動のお金など必要な金額は沢山あると思いますが、借りる方法を探すのでしたら、かならず返済方法までしっかりと頭に入れておく必要があります。

学生ローンは、基本的には一社からしか融資を受けない事がポイントになります。複数の学生ローン会社から融資を受けてしまいますと、返済が難しくなってしまい自己破産まで視野に入れなければいけません。もちろん返済の見込みがあり、しっかりと計画的に返済する事ができるのなら複数の学生ローン会社から融資を受ける事も可能です。しかし、その際は自分の借入や収入などしっかりと現状を把握した上で行うようにしてください。

また複数の学生ローン会社からお金を借りていて、返済しきれなくなってしまった場合には、複数の学生ローン会社の借金をまとめて一つの会社に返済するようになるおまとめローンがおすすめです。月になん共返済期日があるのは、精神的にもかなり大きなストレスとなっておりますのでおまとめローンはかなりおすすめです。

他にも学生向けのカードローンには、利用する前にはしっかりと知っておいて欲しい内容が沢山あります。そこでこちらでは、学生ローンは銀行振り込みが多い事や余裕がある時は繰り上げ返済するメリットなどをご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

ローンは借金ということ

ローンと言うと言葉の響きはいいが、要するに借金であることを忘れてはならない。だから、しっかりとした返済計画が重要です。

月々の支払いはいくらか、そのうち金利はどの程度か、その支払いは月の収入においていくらくらいの割合なのか、そういったことをしっかりと把握してキチンと返済計画を立てる必要があります。もちろん、計画通りにいけば、何事もないのですが、そうそううまくいかないのが人生と言うものです。

しかしそうしたときも焦ることなく、軌道修正をするように冷静になり、計画を立て直しましょう。場合によっては、銀行の人と相談するという手もあります。銀行もお金をしっかりと返して欲しいと思っているでしょうから、相談には快く乗ってくれることでしょう。ですから、あまり気後れせずにどんどん相談しに行きましょう。弁護士ではないのですから、相談することは無料でできますので、うまく利用することを是非ともお勧めします。